ソーシャルネットワーク連携機能つけました

またしてもブログ運営ネタです。
読者が増えてからいろいろ試すより、今の内にいろいろと慣れておいたほうがよいので試行錯誤中です。

さて、WPtouchというスマホ用サイトを簡単に作成できるプラグインを導入しましたが、スマホ用サイトにはFacebook、Twitter、Google+といったソーシャルネットワークとの連携機能が表示されるようになりましたがPC用サイトには表示されていません。どうせならPC用サイトにも表示させたい!なんかボタンが付いてるとかっこいい!?という不純な動機から調べ始めました。

1.ソーシャルネットワークとの連携がしたい

何はともあれWebで調査です。

私はFacebookもTwitterもmixiもやってないのでよくわらかなかったのですが、まず連携すると何がうれしいのかというと、FacebookやTwitterでブログを紹介してもらえやすくなるようです。ということは多くの読者が生まれる機会が増えるということのようです。

これは願ってもないチャンス!!(笑

そしてWordPressでこれらの機能を実現する有名どころのプラグインが「WP Social Bookmarking Light」、「Sharebar」のようです。そこでこの2つのプラグインを比較してみました。

2.WP Social Bookmarking Light

WP Social Bookmarking Light

記事の前後にソーシャルネットワーク連携機能を付与することができます。なので記事のボリュームがある場合、ボタンが見えなくなってしまう場合があります。

設定は簡単で、利用できるソーシャルネットワークを選択するだけでよく、種類も豊富です。

3.Sharebar

sharebar

ブログ横のスペースにソーシャルネットワーク連携機能を付与することができます。スクロール時はボタンが追いかけてくるので記事のボリュームがあってもいつでもボタンが表示されています。

初期設定は簡単なのですが、私が試したときには特定ボタンが表示されなかったり(プラグインの無効化->有効化で直った。)、ボタンの大きさの調整などが必要になりました。

4.検討結果

どちらもできることは同じです。あとは好みの問題かなぁ。

ShareBarのほうがいつでもボタンがあるので訪問者にとっては利用しやすい機能なのかもしれません。しかし、スクロールしても付いてくるのがなんとなく好きになれませんでした。なんというかごちゃごちゃしているような感じがしてしまって。。。

ということで当サイトでは「WP Social Bookmarking Light」を採用することにしました。

パチ☆”(p´Д`q)””(´pq`)”☆パチパチッ

5.WP Social Bookmarking Lightをもう少し詳しく

利用したいソーシャルネットワークを選択し、画面のどこに表示するか(画面上部、下部、両方、表示しない)を選択します。

ちなみに私は以下を選びました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • hatena
  • Line

その後、選択したソーシャルネットワークサービスごとにタブを開き設定をします。設定しておいたほうがよいのは、言語関係のようです。選択式のものは「Japanese」等を選択すればOKです。Facebookがちょっとややこしくて「Locale」というものを設定します。設定値は「ja_JP」です。

そのほかにはアイコンの大きさや表示幅などはお好みでどうぞ。

6.最後に

たくさんのいいね!待ってます!!

U\(●~▽~●)Уイェーイ!