ご朱印ガール

ご朱印(ごしゅいん)ガールって知ってますか?

一度Yahooのニュースで出たっきりで最近は聞かなくなりましたが、、、

そもそもご朱印とは

お寺や神社でご朱印帳という帳面にお寺や神社の「御宝印」というハンコを押し、日付やご本尊様のお名前、お寺や神社の名前を書いてもらうことです。

簡単に言うと、参拝した証ということでしょうか。

 

昨今のパワースポットブームとおしゃれなご朱印帳が増えていることが影響してか女子に人気があるようです。

そもそも、ご朱印を集めるとどうなるのかというと、実際には色々と意味があるのだと思いますが

記念になる

という意味合いが大きいと思います。

ご朱印をしてもらうにはまずご朱印帳を買いましょう。

場所によってはご朱印をしてもらえる場所でご朱印帳も同時に購入することもできますが、これから集めようと思うのであれば自分が気に入ったものを購入するのがよいと思います。後で気が変わったというのは嫌ですからね。また、ご朱印帳を扱っていないところもあります。出雲大社は扱っておらず近くのお土産屋で購入してくれととのことでした。

ご朱印帳はさまざまなデザインがあります。

最近はネットショップでも売っているので好みのものを購入しましょう。

ご朱印してもらう場所ですが、お寺や神社を参拝するときに注意深く観察してみると入り口か出口付近にあります。

ご朱印という言葉を知らないときは気がつかず素通りしていたのですが注意深く観察するとあります。

宗派によってはご朱印がないお寺や神社もあるそうですのでわからない場合は住職や係りの人に聞いてみましょう。

金額は300円~1000円ぐらいが相場ですが、中には「お気持ち」というところもあります。

“お気持ち”のところでおつりをもらうのも気が引けますので小銭を用意しておくとよいでしょう。

また、ご朱印帳を忘れてしまった場合はご朱印帳を忘れてしまいましたというと、1枚ものの紙にご朱印をしていただける場合もあります。帰ってからご朱印帳に挟んでおきましょう。

(メモ帳等へのご朱印は拒否されることもあるそうです。なるべくご朱印帳は忘れないようにしましょう。)

これから春にかけて桜を見に京都に行かれる人も多いと思います。

京都にはたくさんのお寺や神社がありますので記念にご朱印を集めてみてはいかがでしょうか。