ベルギーブリュッセル観光とチョコレート&ワッフルの食べまくり!買いまくり!

7月16日(月)

翌日は昼のブリュッセル観光です。
夜にはパリへ向けて出発となるので時間との勝負です。

今日の目標は市内観光とチョコレート&ワッフルの食べまくり!買いまくり!です。
なんといってもあの有名チョコレート会社であるGODIVAの本店があるので行ってみたいですし、ほかにも王室御用達のお店をめぐりたいと思います。

まずやってきたのが昨夜も訪れたグランプラス!!

お昼のグランプラスはこんな感じになってます。

グランプラス

お昼もキレイですね^^

また、GODIVA本店もグランプラスにあります。

建物が改装工事中なのが残念でした。

GODIVA 本店

そのほかにもneuhaus(ノイハウス)という、老舗のチョコレート店でお土産を購入。

王室御用達らしいですよ。

そのほかにもピエールマルコリーニ、Gallerなどをめぐりお土産を購入します。

ピエールマルコリーニ ピエールマルコリーニ

お土産購入後はブリュッセルのもうひとつの観光名所である「小便小僧」を見に行きました。

場所はグランプラスから歩いて5分ぐらいの場所にあります。

DSC_0478_R

ん?

なんか、ちっこいな。

というのが最初の印象でしょうか。

というのも、この小便小僧さん。

世界三大がっかり “に認定されている観光地らしいです。

ちなみにほかの2つはシンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚姫の像になるそうです。

といっても、ブリュッセルに来たら一度は見ておいて損はないと思います。

季節によっては着せ替え小便小僧も見ることができるみたいですよ。

場所はこの辺

さて、がっかりしたところで闇に葬られたもうひとつの小便彫刻を探します。

その名も「小便少女」

小便少女とは小便小僧と対をなす彫刻であり、彫刻家のドニ=アドリアン・デボヴリ(Denis-Adrien Debouvrie)によって1985年に作成され、1987年に落成式が行われたそうです。

小便小僧とは違い市民からはリアルすぎてあまりよい印象がないようです。

小便小僧と違い探すのがとても大変でした。

そこでここでやっとイギリスで購入したSIMが役に立つときがやってきました。

私が購入したSIMはユーロブースターという機能がついており、イギリス以外にもヨーロッパで利用できる機能がついていたのでそれを使い小便少女を探索します。

Google Mapsを起動し、ナビゲーションしてもらいついに場所を発見。

場所はかなり奥まった場所の一角にありました。

市民には人気がないらしいですが、観光客には人気らしく大勢の人が写真を撮っていました。

小便少女

南京錠がかかった鉄格子の奥にたたずんでいます。

そんなにしなくてもよいのに。

小便小僧とのこの格差。なんだかかわいそう。。。

アップだとこんな感じ

小便少女

場所はこの辺

小便小僧&少女めぐりを終えたところで疲れたので休憩です。

DANDOYというお店でワッフルを食べました。

DANDOY ワッフル

その後は適当にぶらついてパリへ移動です。

ブリュッセル-パリ間はTHALYS(タリス)を利用。

THALYS

あっという間にパリに到着(1時間半ぐらいかな?)しました。

つづく