オムニエアインターナショナルで格安ハワイの旅

2006年のことですが、オムニエアインターナショナル(オムニ航空)を利用してハワイ・オアフ島へ行って来たときの旅行記です。

準備編

仕事の関係上お盆休みが取れなかったのですが、急遽お盆の翌週に休みが取れることに!!

せっかくの休み、しかも値段の高いお盆を外せることになったので近場のHISへ行って海外旅行を調査!!

目に留まったのは、『チャーター便で行く格安ハワイ旅』のチラシでした。

確か一人10万円ぐらい。

ハワイ行ったことないし、旅行する時期まで1週間程度しかなかったためそのほかのツアーも売り切れ状態だったので急いで予約。

滑り込みセーフで何とか枠をGET!!このツアーも我々の予約で最後だったと思います。

しかし当時は名古屋に住んでいたのでセントレアから行くのかなーと思っていたらまさかの関空から。

さらにさらに関空から直行かと思いきやまさかの那覇空港乗り継ぎ。。。

さらにさらにさらに利用する航空会社が『オムニエアインターナショナル』という聞いたことのない会社でした。

一抹の不安がよぎりますが、格安なのでサービスは期待せず旅行の準備をせっせと進めます。

ハワイと言えば、海!!

ダイアモンドヘッドでのんびり過ごしたりイルカと戯れる旅行を想像していました。

ということで海用品(水着や浮き輪など)の準備から、今回からカメラを新調しに電気屋へ。

CannonのIXYを購入。

そして今回は海がメインの旅行だったのでウォータープルーフケースもつけてしまいました。

IXY  IXY(ウォータープルーフ)

これで旅行の準備はばっちり。結構な値段したのですがイルカと泳ぐ、なんならドルフィンマンになってイルカに跨った写真を収めてやるぞ!!と意気込んでいました。

ちなみにこのカメラとウォータープルーフケースは現在も海旅では活躍してもらっています。

出発の朝

名古屋から関空へ行かなければ行けません。

旅費を少しでも安くしようと新幹線ではなく特急で行こうとしていたら、まさかの遅刻。

事前にチケットまで買っていたのに。。。もったいない。

ということで急遽、名古屋-新大阪間の新幹線チケットを取り関空へ向かいます。

関空って埋立地?なんですかね?海にぽつーんと浮かんでいるようで面白かったです。

(羽田も似たようなものかな?)

コレが今回乗る飛行機!!オムニエアインターナショナルだ!!

オムニ航空

んー。聞いたことない、見たこともない。。。

まだまだ不安ですが搭乗手続きをして離陸!!

IMG_0018_R

一路ハワイへ!!と言いたいけど沖縄へ。

年季を感じる機内&乗務員(失礼)ですが無事出発。

乗務員はすべて外国人です。おそらく昔は他の航空会社で働いていたのかな?というような感じの方が多かったように思います。

関空を18時半ぐらいに出発したのですがもちろん関空-沖縄間では機内食は出ません。

だんだんとお腹も空いてきました。

そして那覇空港へ到着!!でも乗っている人はそのまま機内で待機です。

到着後すぐに出発というわけではなくしばし待たされます。

もうそろそろお腹も空いて限界!!っていうぐらいまで待たされて一路ハワイへ向けて出発。

やっとハワイへ向けて出発。長かった。。。

この頃になると一番の楽しみがハワイではなく機内食になっていました。

早く機内食食べて寝てしまおうと思ったのですが、機内食がなかなか出ない!!

たぶん22、23時ぐらいまでなかったと思います。

しびれを切らし早くちょうだい!!と片言の英語で言ってみるも

『お前に食わす機内食はねぇ!!』

と言わんばかりの回答で終了。

お腹も限界に近いし海外では当たり前かもしれない添乗員の態度にイライラ感MAXっす。

もしかしたら同行者に当り散らしていたかもしれませんが、そうこうしているうちにようやく機内食が運ばれてきました。

味は、、、覚えていません。。。

ただ、相当お腹が空いていたのでもう何でもおいしく感じていたような感じです。

イライラもおさまり、その後しばらくして就寝。

起きたら常夏の島 ハワイ・オワフ島!!

つづく