【世界遺産】ベルギーの超有名観光地 グランプラスで夜景を撮る

7/15(日) 3日目の続きです。

ホテルについて、夜のブリュッセル観光に出かけます。

夜なのでお店はほとんど閉まっていますが夜だからこそ行きたい場所がありました。

それはグランプラスです。

グランプラスとはブリュッセルの市庁舎がある大広場のことで、1402年から1455のあいだに建設されたものらしいです。

また、市庁舎だけではなく大広場の周りにはギルドハウスと呼ばれる建物がならんでいます。

そして、大広場は夜になるとライトアップされるという情報がありました。

やっぱ、夜景をみなきゃ!ってことで出かけます。

ホテルの従業員さんに地図をもらい行き方を教えてもらいます。

ちなみに泊まったホテルからグランプラスまでは徒歩でいける距離にあります。

最後に治安についてたずねると、安全だよとのこと。

ホントかな。。。

それでは夜のグランプラス観光へ参りましょう♪

目指すのは塔の付近です。

グランプラス

ネットや旅行ガイドブックでみる夜のグランプラスはとてもキレイです。

そんな夜景を見ようと恐る恐るグランプラスへ向けて進みます。

そして、それは突然目の前に現れました。

グランプラス

グランプラス

え。。。。。

今日のライトアップ終わり????

それとも、ライトアップは季節的なものなのかな?

確かに、自分の目でみると多少は写真よりも明るくてキレイです。

でも、撮る写真はじぇんじぇんネットや旅行ガイドブックの写真とちがうじゃーん><

詐欺だ詐欺!!なんて思いもよぎりました。

しかし、今回はこれであきらめません。

今回の旅行は一眼レフを持ってきていて、夜景撮影用に単焦点の明るいレンズも購入しています。

さらに、夜景をキレイに撮るための本も購入して多少勉強してきました。

その成果を試すときがやってきました!!

カメラのモードをマニュアルモードに切り替えて試し撮りを繰り返します。

そして、ついに見つけた神設定!!

(本当はもっといい設定があるかもしれないのですが、私の今の腕ではこれが限界)

これが夜のグランプラスです。

グランプラス

グランプラス

グランプラス

ちなみにカメラの機種とレンズ、設定は以下のとおりです。

カメラ本体:Nikon D3100

レンズ:AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

露出時間:0.0333秒(1/30)
F値:f/1.8
ISO:1600
ホワイトバランス:白熱灯

マニュアルモードで手持ち(三脚不使用)です。

いやー、一眼レフとレンズの性能はすごいですね。

おかげでいい写真が撮れました。

夜のブリュッセル観光はこれにて終了。

これでぐっすり眠れます。